まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

フィッシャープライスの知育玩具に10ヶ月の我が子が夢中!(バイリンガル・ラーニングボックス)

スポンサーリンク

こんにちは、maru-shikakuです。

 

10ヶ月の我が子はハイハイで家中大暴れ。

軽い引き戸なら手で開けて、部屋間も徘徊しちゃいます。笑

 

少しでもいいから、何かおもちゃで動きを止められないか。

ということで買ってみたのが、フィッシャープライスのバイリンガル・ラーニングボックスです!

 

DSC01898

 

知育玩具の分類ですね。手で触って、音を聞いて、感覚を鍛えようというおもちゃです。

 

買い与えたのが9ヶ月の頃で1ヶ月経過してますが、飽きない。

 

ソファーやテーブルに乗せれば、つかまり立ちしながら夢中になってくれます!

これもすごい。

 

amazonでは1700円代の価格で、この夢中っぷりはかなりコスパ高いんじゃない!?

 

ということで、自信を持ってレビューします!

 

どの面も楽しめる

サイコロ型で、それぞれの面に別々のギミックが搭載されてます。

一つずつ紹介します。

 

かたち合わせでブロック遊び

DSC01907

三角、四角、丸、星型のブロックを穴にはめる遊びです。

このおもちゃの中では一番知能が必要で、まだ我が子ははめることができません。

 

ブロックを渡すと、真っ先に口に持ってっちゃいます。^^;

口にいれても全く問題ない形状と大きさなので安心!

 

amazonレビューを見ると、1歳を超えたあたりではめられるようです。

 

DSC01896

手は入れられるようになったけどね。もうちょっとです。

 

ちょうだい カバさん 

DSC01900

さっきのブロックは穴から入った後、カバさんの口から出てきます。

 

これは最近学習したみたいで、口からブロックが半分ぐらい出かけてる状態なら、手を突っ込んでとったりできるようになりました。

 

左脇は二つのコマが螺旋状の棒を駆け下りるおもちゃです。

これも遊びかたを覚えて、たまーにやって楽しんでます。

 

ライオンさんとぴかぴかピアノ 

DSC01902

お店で見かけた時、まずピアノの鍵盤に反応して楽しそうだったのが購入きっかけです。

指先遊びに慣れてない子でも、3つしか鍵盤がないからいいですよね。

鍵盤がカラフルなのもGOOD。

 

息子は連続で隣の音を押すことはできてないのですが、一回押した後、何もしなくてもメロディが流れて、それでなんとなく満足する様子。

 

そして上のライオンさんがうちの子はお気に入り!

頭を押すと引っ込んで、離すとわっと飛び出します。

その際、

「みーつけた。あはー!」

「こっちだよ!youhoo!」

「いないいないばあ!peekaboo!」

こんな感じで喋ってくれます。

日本語と英語が対応しています。

 

歌うぱたぱた絵本

DSC01904

これもお気に入り。赤いページを左に返すとABCの歌が流れます。

ABCD・・・聞き覚えのあるフレーズ。

最後にイェーイ!で〆るのがいい。

 

DSC01893

赤いページを右に返すと、123、ワンツースリーの歌。

 

開くタイミングで日本語英語、英語日本語の順に歌ってくれます。

例のごとくイェーイ!で〆るのはお約束。


後左上のコロコロを手で回して勝手に遊んでくれます。

 

とにかく自分で遊びかたを見つけて、夢中になってくれるのが嬉しいおもちゃですね!

 

色と数のおしゃべりダイヤル

DSC01903  
ダイヤルもお気に入り・・・って全部お気に入りですね。笑

ボタンは押すと、

「いち、one」

もう一度押すと、

「赤、red」

数字と色を交互に喋ってくれます。

 

意味はわからないでしょうが、単純にボタンがいっぱいあるのに興味をもってプッシュしまくります。

 

左側の受話器は特にギミックがないのがこのおもちゃ唯一の欠点。音が鳴るとかなんか機能があったほうがよかったんじゃないかな。

 

うちの子は今はガジガジかじるだけですね。笑

そのうち耳に当てて「もしもし」言うのでしょうか。

 

神おもちゃゆえに語ることは少ない

そこまで言うことはないです。安いし、買いましょう。

きっと満足してくれるはず!では!