まるしか Photo & Art Blog

一眼で写真撮影と美術展感想がメインテーマの、ちょっと突っ込んでみたブログです。

防塵・防水のアウトドアコンデジのおすすめをまとめました2019/2020

スポンサーリンク

こんにちは、maru-shikakuです。

  

コンデジまとめ第3弾!

 

コンデジがスマホや一眼より特化している機能

 

  • 高画質かつ軽量・コンパクト
  • 10倍以上の高倍率光学ズーム
  • 防塵・防水

 

第1弾では高画質で軽量・コンパクトなコンデジを、第2弾では高倍率ズームのコンデジをまとめました。

今回は防塵・防水のアウトドア仕様コンデジの中から、おすすめ機種をまとめてみます。

  

〜おすすめ機種を選ぶにあたって〜

2019年12月時点での価格ドットコム、アマゾンのデジカメ売り上げランキングを元に、個人的な意見を含めておすすめ機種を選んでいます。

 

各用途でオススメする順序は、

10万前後→4~6万くらい→2,3万くらい

という感じで高い→安い順です。

各機種のスペック表は価格ドットコムより引用。

 

書籍では下の本を参考にしています。

コンデジに限らず現行のカメラが全て採点されている大変貴重な本です。毎年出版されていて最新のものがこちら。

 

 


デジカメ&ビデオカメラがまるごとわかる本2020 (100%ムックシリーズ)

 

 

 

  

防塵・防水のコンデジのおすすめ

防塵・防水カメラの選び方は簡単。オリンパスToughシリーズかニコンCOOLPIX Wシリーズか

防水というのはなかなか特殊な用途で数社しか出していません。

水深◯mという表記から分かる通り、水中で使うカメラです。

 

旅行でマリンスポーツしたい、ついでに水中を撮りたい、というニーズは意外と多いはずです。

安く済ませる方法として、写ルンですwaterproofという水中用使い捨てフィルムカメラがありました。

わたしもハワイに行った時に使ってとってもよかった記憶があります。

ただし2019年12月、まさに今月より生産中止となり、今後はデジカメしか選択肢はありません。

 

「写ルンです」防水タイプが2019年12月に出荷終了 通常タイプは値上げへ - ねとらぼ

 

種類は高画質タイプや高倍率ズームタイプと比べて少ないのですが、やはり迷います。ここでは圧倒的にお勧めできる2機種を紹介します。

 

各社の防塵・防水のコンデジのおすすめ機種

OLYMPUS Tough TG-6  水中、山岳などのアウトドアから記録用途まで重宝するコンデジ。追加パーツで機能の拡張もできる!

 

水深15mの防水性能、防塵はもちろん、2.1m耐衝撃、100kgf対荷重、-10℃耐低温、対結露というアウトドアのために生まれたようなカメラ。

 

防水カメラ、アウトドアカメラで迷ったらTG-6を買うのがおすすめです!!

 

それともうひとつ特長があります。

最短1cmまで被写体に寄れるマクロ撮影機能です!

F2の明るいレンズで暗いところも手ブレしにくいですし、記録用として、プライベートだけじゃなく仕事でも結構活躍します。 

 

また、Toughシリーズは拡張性が高いカメラなのがユニークです。 

 

オプションなので別売りとなってしまいますが、

  • 物撮り用のリングライト
  • 耐圧水深45mを達成する防水プロテクター
  • コンバーターレンズ(望遠/魚眼撮影用、水中使用可)

 

リングライトはフラッシュと違ってライトなので、仕上がりがわかりやすいです。

 

 

1cmまでカメラを近づけるとカメラの陰で暗くなるんですよね。実際使ったことがありますが、専用設計だからコンパクトで使いやすいです。

 

 

↑ダイビング初級ぐらいなら素のままで良さそうですが、防水プロテクターは本気のダイビングにおすすめです。

 

 

 

コンバーターレンズはかなり便利ですが、一眼の交換レンズと同じような感じでいいお値段がします。

魚眼は結構面白そうですね。水深20mまで使用可能とのことなので、魚眼で水中撮影は面白そうです!

 

画質は1/2.3型センサーなのでそこそこ。ですが、5万円弱で特殊な用途にほぼ完璧に対応できる便利カメラとして、唯一の機種になります。

 

撮像素子
画素数 1271万画素(総画素)
1200万画素(有効画素)
ローパスフィルターレス   
撮像素子  1/2.33型CMOS
(裏面照射型)
   
レンズ
焦点距離  25mm~100mm F値  F2~F4.9
光学ズーム  4 倍 マニュアルフォーカス
基本仕様
ファインダー方式   タッチパネル   
GPS機能  USB充電
撮影枚数  340 枚 デジタルズーム  
最短撮影距離 10cm(標準)
1cm(マクロ)
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
記録フォーマット JPEG/RAW シャッタースピード 1/2~1/2000 秒
液晶モニター 3インチ
104万ドット
撮影感度 通常:ISO100~12800
内蔵メモリ   起動時間  
ファインダー 無し 電池タイプ 専用電池
専用電池型番 LI-92B 連写撮影
インターフェース microUSB2.0、HDMIマイクロ端子    
動画
4K対応  フレームレート 29.97 fps
動画撮影サイズ 3840x2160(4K) 記録方式 MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM
最長撮影時間 メモリ容量に依存    
撮影機能
自分撮り機能    チルト液晶   
バリアングル液晶    360度カメラ   
タイムラプス  顔認識 
AF自動追尾機能  手ブレ補正機構  CMOSシフト方式
セルフタイマー 12/2秒 バルブ撮影  
ネットワーク
Wi-Fi  Bluetooth対応(常時接続)  
Wi-Fi Direct対応    PictBridge対応   
NFC       
耐久性能
防水性能 15m
IPX8
防塵性能 IP6X
耐衝撃性能 2.1 m 耐低温性能 -10℃
耐結露    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 113x66x32.4 mm 重量 総重量:253g
カラー
カラー ブラック
レッド
 

 

Nikon W150  シュノーケリングなどの水中撮影や水辺遊びで気軽に扱える人気カメラ

 

2万円弱で購入できる、半分おもちゃみたいな1/3.1型センサーのコンデジです。

とにかく安いので、価格ドットコムやアマゾンの防水カメラランキングでは1位を維持しています。

 

それでも水深10mまでOKの防水性、防塵、1.8m耐衝撃、-10℃耐低温の性能は必要十分でしょう。

 

画質は並のスマホと同じくらいですが、雑に扱えるのが長所です。

 

用途としては海辺に持って行ったり、シュノーケリングとか良さそうです!

今まで写るんですwaterproofを使っていたのなら代わりとして満足できるはず。

 

あと、頑丈なので子供へのプレゼントとして買う方も多いです。デザインがかわいいですしね。

 

 

↑リゾートバージョンもいい!

一世代前の機種W100との違いは、カメラ内で画像を加工する機能が追加されただけで他はほぼ一緒です。新品で安いのであればW100を検討してもいいですね。

 

撮像素子
画素数 1417万画素(総画素)
1317万画素(有効画素)
ローパスフィルターレス   
撮像素子  1/3.1型CMOS    
レンズ
焦点距離  30mm~90mm F値  F3.3~F5.9
光学ズーム  3 倍 マニュアルフォーカス  
基本仕様
ファインダー方式   タッチパネル   
GPS機能    USB充電
撮影枚数  220 枚 デジタルズーム 4 倍
最短撮影距離 5cm(標準) 記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
記録フォーマット JPEG シャッタースピード 1~1/2000 秒
液晶モニター 2.7インチ
23万ドット
撮影感度 通常:ISO125~1600
内蔵メモリ 21MB 起動時間  
ファインダー 無し 電池タイプ 専用電池
専用電池型番 EN-EL19 連写撮影 4.8コマ/秒
インターフェース マイクロUSB2.0、HDMIマイクロ端子    
動画
4K対応    フレームレート 30 fps
動画撮影サイズ 1920x1080(フルHD) 記録方式 MP4(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:AACステレオ)
最長撮影時間 約1時間35分    
撮影機能
自分撮り機能    チルト液晶   
バリアングル液晶    360度カメラ   
タイムラプス    顔認識 
AF自動追尾機能    手ブレ補正機構   
セルフタイマー 10/5秒 バルブ撮影  
ネットワーク
Wi-Fi  Bluetooth対応(常時接続)
Wi-Fi Direct対応    PictBridge対応 
NFC       
耐久性能
防水性能 10m
IPX8
防塵性能 IP6X
耐衝撃性能 1.8 m 耐低温性能 -10℃
耐結露      
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 109.5x67x38 mm 重量 総重量:177g
カラー
カラー ブルー
フラワー
ホワイト
リゾート
   

 

おすすめ候補に上がったけど落選したカメラ 

上の2機種の間の価格帯(2.5万〜3万)でニコンW300、リコーWG-60も考えていました。

 

W300は水深30mOKと謳っているけど動作不良が多いというレビューがあり。当初TG-6と変わらない価格でしたが、かなり値下がっているのはそのせい?

WG-60は劣化TG-6というイメージ。

 

価格に応じて中途半端な印象だったため、この記事では本格派のTG-6と手軽なW150の2択に絞りました。予算的にTG-6が厳しいなら選択肢に入ります。

 

最後に 

一眼も同じ傾向にありますが、やはり現在勢いのある会社はいい機種出してますよね。

ソニー、そして最近はパナソニックも頑張ってます。

どちらも元は家電屋というところが面白い。今のカメラ業界は光学一本ではすでに限界なんですね。

 

面白いといえば、そろそろキヤノンからカラビナタイプのコンデジが発売されます。

防水カメラのジャンル(水深2mOK)で、モニターなしの90gという攻めたスペック。

 

 

ちょっと今は高いかな。1万円切るなら人気が出そうです。

 

スマホで十分と言われている昨今ですが、スマホは雑に扱えないのが今のところネックです。キヤノンのカラビナコンデジはそこを突いた商品なのかな。

 

コンデジなら頑丈だったり、やすかったり、耐衝撃だったりします。

そういう意味でまだまだコンデジはスマホと勝負できますね!

 

以上、コンデジ3部作、長い記事ですみません。ご参考になったら嬉しいです!

それでは!