まるしか Photo & Art Blog

一眼撮影と美術展感想がメインテーマの、ちょっと突っ込んでみたブログです。

宮城2020夏の写真【松島の爆焼け・ペルセウス座流星群+α】

スポンサーリンク

こんにちは、まるしかです。

お盆期間は宮城に帰省し、人の多いところは避けつつ写真を撮りました。

 

  • はやぶさを超望遠で

まず行ったのは仙台駅。駅は思いの外、人が少ないのでした。

 

_DSC3269

sigma 100-400を買って一月。超望遠レンズの扱いも慣れてきました。

この写真は早速プリントし、息子のお気に入りとなりましたとさ。

 

  • 松島の爆焼け

松島の日の出を撮ろうと夜明け前に出発。ちとスタートが遅すぎて、日の出の20分前。

着いた時には焼けが始まっちゃったなーと思ったら、

 

_DSC3272

すごい焼けてました!撮って出しでこの色です。

場所を選ぶ余裕などなく、慌ててFE20mm F1.8Gで手持ち撮影。1/5sec.でしたが手ぶれ補正でなんとかなりました・・・!

 

_DSC3275

だんだんと朝焼けが広がっていって・・・

 

_DSC3277-2

雲の一つ一つが照らされる!!ほんとにフワって雲全体が明るくなるんですね。

ああ、これが爆焼けなのか。とても良いものを見ました。

 

_DSC3280

その5分後には落ち着き、

 

_DSC3282

日の出直前。完全に沈黙です。改めて日の出・日の入りの写真はタイミングが難しいなと思いますね。

 

  • ペルセウス座流星群プラスα 

先日のペルセウス座流星群はもちろん狙いました!

今回は思い切って、高いところでということで、宮城蔵王の御釜、正確には刈田岳山頂にて撮影しました。標高約1,700m!天気は快晴!

ピークの12日ではなく、あえてずらした快晴の13日は絶好の流星日和でした。

 

ちなみに御釜はすぐ近くに駐車場があり、道路が舗装されていてとても行きやすい場所です。

夏場は夜間解放しており、流星群の時期は多くの天体ファンが訪れると言われています。実際わたしが行った日は100台以上の駐車場の6,7割ぐらいは車で埋まり、ちょっとしたイベントでした!

 

やっぱ高所で快晴はいいですね。久しぶりに天の川の淡い光を肉眼でも拝みました。

 

_DSC4002-Edit

まずはFE20mm F1.8Gにて天の川アーチを。

ギリギリちょうど良いカーブのアーチが撮れました。今はもう暗くなるタイミングとカーブの綺麗さが釣り合わなくなるんじゃないでしょうか。最後のチャンスをものにしました(雲がかかっちゃってるけど)。

 

_DSC4028-Edit

雲がしつこく残ってしょうがないのですが、20Gでこれまた狙っていた構図で。星の色が現像でこんなに出るのはひさしぶり。

プロソフトンクリアを使っています。微光星が犠牲にならず、いいフィルターですね。

 

www.maru-shikaku.net

 

 

ようやく流星群の撮影。tamron 15-30mmに付け替えて連続固定撮影です。

 

_DSC4194-Min Horizon Noiseのコピー-Edit

秋の服を持ってきたのですが、1,700m超えの夜は風が強く寒かった・・・。2時間ちょっとで根を上げてしまったわけですが、流星群は長いのがなんとか写っていました(写真右端)🤗

 

帰り道に火球が光るのを見て惜しいことをしたなと。蔵王はいいところだったから来年もリベンジしたいですね。

 

以上、全体的に満足のいくお盆の撮影ウィークでした!

それでは!