まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

【北斎の影響力恐るべし】北斎とジャポニスム展

スポンサーリンク

hokusai ticket

こんにちは、maru-shikakuです。
 
先週土曜の「世界一受けたい授業」で北斎ジャポニスム展の授業があり、おもしろそうだったので上野の国立西洋美術館へ行くことにしました。
 

開催概要

会期:2017/10/21(土)〜2018/1/28(日)

 

会場:国立西洋美術館 [東京・上野公園] http://www.nmwa.go.jp/

 

開館時間:午前9:30〜午後5:30

(金、土曜日は午後8時。ただし、11/18は午後5:30まで)※入館は閉館の30分前まで

 

休館日:月曜日(ただし1/8は開館)、12/28〜1/1, 1/9 

出典:公式HP 開催概要 http://hokusai-japonisme.jp/outline.html

 

感想の前に

まず驚いたのは人混み。入ったのが2時頃でピークだったみたいです。
ガラスケース内の小さな展示物はろくすっぽ見られません。
 
特に最初のエリア「1章 北斎の浸透」は激混み!
 
ここは、日本画がどのような形で西洋へ伝わったかという、歴史文献や資料の展示なんで、すっ飛ばしてもかまいません。
 
みんな最初からじっくり見たがるから、入り口で混むし途中で疲れるんです。
 
資料に興味がある人以外はさっと後ろから見て、さっと次へ行きましょう!
 

感想 

ドガ北斎

次のエリア「2章 北斎と人物」では

おまちかね、番組や公式サイトの見どころでも紹介されてた

エドガー・ドガの絵と北斎のイラスト集「北斎漫画」のワンカットとの比較。

 

これは美術館前の看板にもありました。

f:id:maru-shikaku:20171204214553j:plain

 

もしこの展示が大阪で開催されてたら、

  • ポーズだけやんけ!!
  • なめとんのかワレ!! 

など怒涛のツッコミが浴びせられてたでしょう。

 

番組でもネタにされてました^^;

 

ここから続々と他の画家の絵でも北斎と比較展示されているのですが、他もうーん、なんとも言えない。

 

 

ツッコミを入れながら楽しむもんと割り切ればOKです

 

 

それに比較はビミョーでも、ものは一級品ですから

 

それはおいといて、ドガは私好きなんです。特に、

  • 踊り子の腕や脚の筋肉のライン
  • 緑と赤を基調とし、ここぞで入れる鮮やかな青
  • パステルの独特な輝き

が好きで、上の画像にある「踊り子たち、ピンクと緑」も踊り子の腕輪の青が鮮やか。

腕輪はすんごい小さいのでよく探してください。

 

この展示ではドガの絵や彫刻が9点もありました。

個人的にはこれだけでも行く価値があります。

 

 

風景表現の革命

「5章 北斎と風景」エリアでは、北斎富嶽三十六景との比較展示。

この比較はしっくりきました。

 北斎渡来以前は木や森は遠景か中景が主。

 

それが、

前景に木を配置し遠景を隠しちゃう構図がモネを中心に流行り始める。

 

明らかに北斎の影響です。詳しくは展示を見てね。

 

浮世絵の影響力

北斎漫画は昔ちらっと見たことがあるのですが、今でいうイラスト集兼絵かき教本です。

「し」とか「く」などのひらがなの形を崩して線を書けば、簡単に画ができあがるよっていう当時の絵師のたまご向け。 

 

そんな北斎漫画はいわば浮世絵の基礎だったのでしょう。

 

西洋の画家には北斎漫画を含めた、浮世絵の

陰影のない平面的で簡素な書き方が斬新だった

 

それに広告ポスターが現れて、納期に素早く対応しなければいけない画家たちにぴったりの表現でもあった。 

 

 

平面的で簡素な作風の画家はロートレックゴーギャンらから始まり、ピカソマティスにつながります。

うーん、西洋のメインストリームに一石を投じ、見事に流れを変えた浮世絵の影響力はすさまじいですね。 

 

 

個人的に好きなピカソの絵

ピカソは他にもハトの線画が有名です。

北斎の一筆画に通ずるものがあります。

 

おまけ

順路を巡る中、性的表現コーナー発見!

クリムト春画に影響を受けたことが解説されてます。

結構女性の方が躊躇無く入ってました。

オープンだけどちょっとした小部屋になってて、このコーナー、入れたくてしょうがない人が一生懸命考えたんだろうなと思うと、おもしろかったです。 

 

 

美術館の見せ方のビミョーさも楽しむ。

以上、今日のこだわりでした。

 

行ってみたいと思った方は下をクリック!

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

 

【追記】ゴッホ展も行きました。

maru-shikaku.hatenablog.com