まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

ダイソーの「うすぐらす」は悔しいけどコスパ最強!

スポンサーリンク

DSC02115

こんにちは、maru-shikakuです。

 

昨年から話題になってるダイソーの「うすぐらす」は

100円なのに意外といい。

いや、コスパ最強じゃんという話。いろいろ悩んだのに悔しい。

 

マイビアグラス、永眠す 

kirin ichibanshibori1

昨年12月、お気に入りのビアグラスが割れてしまいました。

 

享年9ヶ月。

 

食器クラッシャーの私としては、もったほうだと思います。

だいたい毎日使ってる食器でずっと残ってるのは

貰い物で木製のコップとかプレートとかぐらいです。

 

ガラスや陶器は割ってしまうんですね。

 

背の高い本格的なグラスだったので、

割らないよう大事に扱っていました。

が、

師走の多忙のせいで疲れてたのか、うっかり手を滑らせてしまった…orz

 

とりあえずのグラスとして、

DSC00131

マーロウカップでしのいできましたが、

 

そろそろ専用グラスでビールを飲みたい。

銅タンブラーなら割れないし、いいんじゃないかな。

 

ということであちこち探して、調べて、

ガラス → 銅 → 錫(スズ) → チタン → ステンレス → やっぱり中身が見たいんじゃ!→ ガラスと紆余曲折した結果、

 

ダイソーに辿り着いてしまった。

 

 

コップが薄いほうが飲み口がいい

以前両親へのプレゼントで江戸切子のグラスを買ったとき、切子職人さんが、

「コップはね。口に当たるところが薄いほうが、飲み口がいいんですよ」

確かにその江戸切子グラスは口が薄い。

そしてビールがうまく感じる気がします。

グラスを感じさせず、直で喉にくる、みたいな。

 

反対に口が分厚い安物のコップは、口をつけるとまず先に、

ガラスの舌触りをもろに感じてしまいます

 

お店のビールジョッキも分厚いですね。

あれは頑丈だからです。

ビールにこだわるお店は絶対にジョッキを使いませんよ。

 

うすはりグラスのパクリ?「うすがらす」 

口が薄いを実現したのが

かの有名なうすはりグラスで、

 

 

本来こちらを買おうとしたのですが、

その前に寄ったダイソーで見つけたのが「うすがらす」。

 

DSC02115

100円でこんな薄いもの作れるんだ。

でも100円だし、不味いガラスの味がするんだろーな。

試しに買ってみるか。

 

と、興味本位で購入、早速その晩ビールを飲んでみたら、

あっ、いいわこれ!

一口で気に入ってしまいました!!

 

いろいろ悩んだのに。

100円なのに。

悔しいです。

 

IMG_0640

iPhoneで撮影 

缶ビール1本分を入れたところ。

買ったのはちょいとデカかった。

 

このグラスはビール苦手の方でも特訓用としていいかも。 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

 

ビール以外もおいしい。

グラスの形状も様々あって、ワイン、水、お茶などもいけます。

もちろんどれも口が薄いので、美味しく感じること間違い無し!

 

 

最後に 

今回はうすぐらすに落ち着きましたが、100円ですし割れやすそう。

 

その前に本家のうすはりグラスを手に入れようと思います。