まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

シャープの加湿空気清浄機が家族になりました。不眠不休で働かせてます。

スポンサーリンク

DSC03890

こんにちは、maru-shikakuです。

 

花粉の季節になったら買おう買おうと思って、ようやく買ったシャープの加湿空気清浄機『KC-F50』。

もうこれ以外選択肢はありませんでした。

なんたって安い。とにかく安い。

 

amazonで1万6,000円くらいで買えるんですよ。

タイムセールだともう少し安くなるみたいです。

 

 

 

安いだけじゃなく機能も申し分ない。amazonレビュー600超で4.4/5.0の高評価!

静電HEPAフィルターで空気を綺麗に

0.3 μ m の微小な粒子を99.97%※以上集じんできる、静電HEPA フィルター ※フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。

HEPAってなんだ?

ヘパリーゼしか思いつかない。

とにかくすごいフィルターなんだそうで。

DSC03883

↑こいつですね。

 

脱臭機能も

DSC03879

フィルター2枚目。活性炭がびっしり詰まって、料理とかタバコの匂いとかを消してくれるみたいです。(強い匂いは換気扇との併用推奨)

 

これでおうち焼肉がやりやすくなりそう!

 

『KC-F50』という型番は2015年式でちょっと古く、新しいものでは2016年式の『KC-G50』、2017年式の『KC-H50』があります。

が、変わったところというと、

  • ホコリセンサーがなくなる

ええ。スペックダウンです。

まあ会社の事情もありますし仕方ないのでしょう。

 

消費者には関係ない話です。KC-F50を買いましょう。

 

外観と操作説明

正面から

DSC03890

フォルムやデザインはとてもシンプルで、どの部屋にも合うと思います。

 

想定よりも結構でかいですね。存在感ありますが、重さはそれほどじゃないですね。写真だと隠れちゃってる取っ手を持てば楽に持ち運べます。

 

こちらは〜13畳タイプ。持ち運びはリビング↔︎寝室の入れ替えぐらいです。

 

 

加湿機能もあり

DSC03873

湿度の表示があります。

今は時期じゃなくなったので使ってませんが、加湿機能もあって、

 

DSC03884

脇を開くとボトルが出てきます。これに水を足して加湿するようですね。

 

おまかせ自動ボタンしか基本使わない

DSC03867

もう機械任せ。超簡単です。

とりあえず上の写真の真ん中にある、おまかせ自動スタートボタンを押すだけ

不眠不休で働かせてます。

 

音はほとんど気にならないレベル。

たまに空気が汚れてると察知するとランプが緑からオレンジや赤になって、少し唸りますが、すぐ空気清浄して静かになりますのでご安心を。

 

寝るときだけ静音モード

DSC03888

静音とはいえど、寝るときは風量ボタンを押して『静か寝』モードにしておくとぐっすり寝られるはず。

 

気になるのは・・・

電気代

強で1日付けっ放しでも35円。

どんな汚部屋でもそれはあり得ないので、

中で1日付けっ放し8.4円。×30日で250円くらいです。

実際は通常弱で、寝るときは静音モードにするので、これよりずーっと安くなります

月100円いかないくらいでしょうか。

 

迷わず付けっ放しで!

 

我が家の効果

嫁さんと二人暮らしの我が家にKC-F50を置いたら、

 

鼻が弱い私たちは2人とも、朝起きるとくしゃみを連発していましたが、それがなくなった!

 

  • 朝起きた時の喉の痛みがなくなった

寝てる間鼻呼吸しててもなぜか朝、喉が痛くなってたんですよね。それがなくなりました。

 

私の花粉症には手遅れだった。花粉症が軽いうちに購入しましょう!!

私の花粉症にはあまり効かなかったかな笑。

重症の方には微々たる効果です。

 

それでも、花粉症が軽い方には効果があるだろうし、上にあげたモーニングアタックや喉の痛みがなくなるだけでも、買って損はありません。

 

私の場合は今度生まれてくる赤ん坊のために買ったというのも購入理由です。お子さんがいるご家庭にぴったりかと。