まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

禁煙外来に行って禁煙に成功しました!薬の効果・費用は?

スポンサーリンク

f:id:maru-shikaku:20180106224257j:plain

こんにちは、maru-shikakuです。

 

2018年の抱負と題して宣言した禁煙についてですが、 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

禁煙外来へ行き、処方されたチャンピックスという禁煙補助薬を使ってはや3ヶ月。

今年は一本も吸っていません!

ということで禁煙に成功しました! 

 

いやー、禁煙日記を書くと言ったものの全然書けなかった^^;

maru-shikaku.hatenablog.com

 

1/13で止まってます笑

あんまり日記とか続かないんですよね。

ブログみたいにテーマがいろいろあればいいんですが、一つの題材だけ毎日書くのは辛いです。変化ないときもありますし。

 

 

そんな私が禁煙に成功したのは、もちろん意志貫徹したからです。それが第一。

 

ただ、その意志が持てたのはやっぱり禁煙補助薬のチャンピックスの効果が大きかった

薬がなかったらそもそも禁煙できないと思っていましたし。

 

ということで、今回は

こんな感じのことを書いていきますね。

 

禁煙するメリット

節約できる

何よりもこれが大きい。

1日1箱ペースの年間タバコ代は、

¥440 × 365日 = ¥160,600-

 

私、カメラが趣味なのでいいレンズが1本買えちゃいます!!

子供が生まれるからやめる。というのが当初の禁煙の目的でしたが、

趣味の資金調達という意味でもモチベーションを維持できた笑

 

体の変化は?

体にはいいことづくめです。気管支系のガンのリスクが抑えられます。

 

禁煙を1ヶ月続けると、咳やたん、喘鳴などの呼吸器の症状が改善します。呼吸器の機能は禁煙の継続とともにさらに良くなっていき、1年後には、COPD患者さんの肺の機能に改善がみられます。

 

禁煙期間が2~4年もすれば、狭心症心筋梗塞などの心臓の病気のリスクが、タバコを吸う人と比べて著しく低下します。

 

10年を経過すると、がんのリスクも低下します。

 

10~15年経つと、咽頭がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて60%も低下します。

 

また、10~19年で、肺がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて70%も低下します。

 

さらに、20年で口腔がんのリスクが、タバコを吸わない人と同レベルになります。

出典:http://sugu-kinen.jp/learn/benefit/

 

実感としては上に書いてある通り、1ヶ月ぐらい経ったら、せきをしなくなる、たんが絡まなくなる点が目に見えてわかります。あと、肌ツヤが良くなる、とか。

 

それよりも金銭面以外では対外的なメリットが大きいですね。

 

タバコ臭くならなくなる。周りへの害もない

周りへの影響について、吸ってる本人の方が精神的に楽になるんです。

特に一緒に生活している家族に対しては、臭いだけでなく、臭いに含まれている有害物質の影響を気にしなくて良くなります。

 

また、職場の飲み会で吸いたくなったら、今はなかなか室内で吸えませんので、外で吸うしかありません。

中で吸ってもいいよと言われてもなんとなく気がひけるんです。

というのも自分も臭くなるのが嫌だから。

 

その点で加熱式タバコは、服に着くような臭いは無くなっていいので禁煙直前はiQOSを吸っていたのですが、吸った時の臭いはどうしてもありますね。

 

「そう思うなら早くやめたらいいじゃん」という意見はごもっとも。

ごもっともですが、そう簡単にはいかないのが禁煙です。

 

喫煙所探しに必死にならなくていい

よく使う駅の喫煙場所については把握していましたが、年々減ってきてます。

そうすると、喫煙場所まで行って、戻ってくるまでの時間が長くなって、疲れるし無駄なんですよ。

 

禁煙してから、駅でドタバタしなくても済むようになりました。

 

チャンピックスとは?おさらい

ニコチンの入っていない禁煙補助薬

ここで、禁煙外来で処方される薬についての説明に入ります。

 

チャンピックスとはニコチンガムでもニコチンパッチでもありません。

ニコチンが入っていない禁煙補助薬なんですね。

ニコチンの働きに似た成分が入っていて、脳を騙してくれます。

結果イライラが落ち着くという仕組み。

 

チャンピックスの禁煙成功率は?

75%という確率で禁煙に成功できます!

 

ニコチンガムやパッチは結局ニコチンが体内に吸収されるのに変わりはないので、ニコチン依存症はそこまで治りません。

20〜40%という低い成功率。

 

それに対して、チャンピックスの成分にニコチンは含まれていません。

飲み続けながら体内のニコチンが自然に減少するというわけなんです。

 

かかったお金は?

禁煙外来でかかる費用は保険が適用されます。

その条件が、「禁煙を宣言する」という医師との口約束。

結構アバウトですね。でも、それで3割負担になるんだからいいじゃないですか。

 

3割負担で3ヶ月間チャンピックスが処方されると、17,000〜18,000円かかります。

ただ、後述する副作用が表れる場合があるので、私が受けた病院では併用でこれを飲んでくださいと、胃腸薬を渡されました

 

なので、私が実際に支払った総額はおよそ3万円ほど。

 

結構な額です。

結構な額なんですが、仮に1日1箱吸う方の場合、3ヶ月にタバコにかけるお金は、

 

¥440 × 90日 = ¥39,600-

 

タバコ1箱の値段は銘柄でまちまちかと思いますが、おそらく3万円を超えてくるでしょう。

 

タバコ代が薬代に変わったと思えばいいんです。

そして禁煙した先は、プラス状態。

 

政府がこれから段階的にタバコの値段を上げていくと断言している以上、禁煙する金銭的メリットはますます大きくなりますね。

今が禁煙のチャンスです!!

 

猶予期間が嬉しい

チャンピックスは禁煙がしやすい薬だと思います。

というのも、禁煙を始めて最初の1週間はタバコを吸ってもいい

即吸っちゃダメと思ってたのでこの猶予期間はありがたかった。

 

・喫煙猶予期間

1〜3日目:0.5mgを1日1錠

4〜7日目:0.5mgを1日2錠

 

・ここから禁煙開始

8日目〜:1mgを1日2錠

 

徐々に量を増やしていきます。

DSC01572 

このように、いつどれを飲めばいいのかすぐわかって楽ですね。

 

12月最終週に始めたので当然忘年会が多く、タバコの誘惑に勝てなかった^^;

それでも猶予期間に本数を徐々に減らし、禁煙8日目からタバコ0本生活がスタートしました。

 

3ヶ月間、チャンピックスを飲み続けてどうだったか? 

タバコ0本生活、最初はつらい

禁煙8日目からチャンピックスを1mg、朝夜服用に。

1mgになると結構効果があって、飲むと吸いたい気持ちが収まります

が、当然時間が経つにつれてちょっと吸いたくなってくる。

 

ただ禁煙しているだけよりは全然マシだと思いますけどね。

 

禁煙は、タバコ0本生活になって最初の1, 2週間を乗り切れるかが勝負だと思ってます。

あとは結構楽。

 

昼時に吸いたくなる、の他に禁煙初期は、

  • 集中力が切れやすい 
  • 眠くなる

ことになるので、景気付けに吸いたくなることも多い。

ここを乗り切ればOKかと。

 

必ず3ヶ月、禁煙外来に通い続けること!!

交通事故は車に乗ってから2年目に多いと言われています。

油断が原因です。

それと同じように禁煙最初の1ヶ月を乗り切って、「もう禁煙できたから大丈夫」と、途中で薬を飲むのをやめてしまうのは危険です。

現に、通院を途中でやめると禁煙成功率が下がるというデータがあります。

 

吸いたくなる気持ちはいつまでたっても無くなることはありません。

現に私は今でもたまに吸いたくなることがあります。

そんな気分を制御できるというか、落ち着いて対処できるのにはどうしても3ヶ月はかかるんです。

 

 

また、私は薬の副作用が強く出るタイプだったみたいで、禁煙始めて1ヶ月の中で、仕事中、具合が悪くなることがありました。

そのことを医者に相談したら、併用の胃薬をパワーアップしてもらいました。

それからは薬を飲んでも体調不良になりません。

 

そんな個人のケースに医者は対応してくれます。

その意味でも通院は続けるべきです。

 

禁煙を成功させるためには?

禁煙する理由を明確にする

まずはこれです。なんとなく禁煙したのでは絶対続きません。

理由もなく英会話を習おうとしても身につかないのと一緒です。

必要性が大事。

 

私の場合

  • 子供が生まれるから
  • 趣味のカメラにお金を使いたいから

こんな理由ですが、あるとないとでは大違いです。

まずは禁煙の理由を明確にしましょう。

 

元をとる小市民根性で頑張る

禁煙外来は総額で2万円弱、併用して他の薬が処方されると3万円近くかかります。

タバコ代と思えばいいと書きましたが、やはり、それなりのお金がかかっていることは確かです。

 

だから、ここでやめたらお金がもったいない!!

という小市民根性で頑張りましょう笑

 

タバコを捨てる

禁煙宣言したら真っ先にタバコを捨てる。

ないものは吸えませんので、諦めます。

代わりにお菓子食おう。となる。

 

禁煙のお供に、なんでもいいから口にする

禁煙補助薬を飲んでても辛い時は辛いです。

 

基本的にはなんでもいいから、口の寂しさを紛らすものがあればいいんです。

ガムでも飴でもグミでも、その他お菓子やおつまみならなんでも。

 

糖分、塩分が多いものは控えましょうと禁煙サイトには書いてますが、そんなの関係ねえ!!とボリボリおやつを貪っていました笑

 

それで禁煙が続くなら安いものです。

ただ、あんまり食べると今度は太るので、ほどほど〜食べ過ぎの中間あたりを狙ってくださいね。

 

飲み会に行かない

飲み会に行くとどうしても吸いたくなるので。

断れない場合は、とにかく飲むか食べるかして気を紛らし、時間まで耐える。これしかない!

  

自宅で缶ビール1本程度なら大丈夫。私は毎日飲んでました。

ビール飲んだ後に薬を飲んでました笑

ちょっとこれはいいのかわからないので自己責任でお願いします。

 

最後に

禁煙するデメリットは太るくらいですね。

何かを食べる・飲むことが多くなるので必然的に。

でも、それくらいでメリットはたくさん。

 

最初から諦めている方も禁煙外来なら成功するかもしれません。

 

そして禁煙中のパパのご家族の方。

禁煙は本人にとって一大事ですので、サポートしてあげることが大事です。

なるべく体にいいお菓子・おつまみを買ってくるとか作るとか。

 

そうしてあげることできっと本人も頑張れると思います。

 

 

この記事を読んで禁煙頑張ろうと思ってくれたら嬉しいです。それでは。