まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

猿島の後に記念艦三笠へ。100年前の大迫力戦艦は見応え十分

スポンサーリンク

DSC05402

こんにちは、maru-shikakuです。

 

先日横須賀の猿島に行って来た帰りに、三笠公園にある記念艦三笠に寄ってみました!

こちら、猿島行き乗船券の半券を持っていると100円引きになるので、ぜひ猿島の帰りに寄って欲しいところ。

 

100円引きになれば500円(通常は600円)とリーズナブルながら、思っていたよりも見応えがあって、行ってよかった施設です。じっくり隅々まで見学すると2時間ぐらいかかってしまうかも。

 

 

概要

アクセス

【電車+バス】

京急線横須賀中央駅 もしくは JR横須賀駅 から

三笠循環バスで「三笠公園」バス停下車。

【車】

私はタイムズよこすかポートマーケットに停めました。

 

観覧料金

一般:600円 65歳以上:500円
高校生:300円 小・中学生:無料

 

舷門(入口)

DSC05401

DSC05318

 

入り口入ってすぐ、無線機があります。

 

三六式無線電信機

DSC05322

日露戦争に使われた三六式無線電信機が、日本初の無線機なんですって。

 

DSC05323

DSC05326

写真の黒いボタンを押す際に押す長さを長短分けることで、モールス信号となります。

SOSなら・・・ーーー・・・(トトト ツーツーツー トトト)という感じで。

 

15センチ副砲

DSC05328

公園を向いた危険極まりない砲台。こちらは実際に砲口を自由に変えることができます。

男の子が夢中になって動かしてましたね。

 

いよいよ船の前へ

DSC05336

左上にちっちゃくカラフルな旗があります。これはZ旗と呼ばれ、大成功を願う旗らしいです。

 

 

DSC05337

 

30センチ前部主砲

DSC05340

DSC05341

三笠の主砲!すごい迫力!

 

艦橋へ

上に登ってみました。

DSC05342

海図室。海図の他にも、

 

DSC05344

信号旗が収納されています。

 

DSC05348

DSC05359

操舵室。めちゃかっこいいですよねー。

 

中央展示室

これからは階段を降りて船の中に入ります。

DSC05368

中央展示室のボリュームがすごい。ここの見学だけで下手したら1時間以上かかってしまいます。

 

DSC05375

三笠の模型。説明書きがあったので、改めて三笠について説明すると、

 

明治35年(1902年)に建造された当時世界最大・最新鋭の戦艦

明治38年日露戦争における日本海海戦にて、ロシアのバルチック艦隊を壊滅させたことで有名となりました。

その後関東大震災で破損、そのまま使われなくなりましたが、永久保存が決定し、復旧して今の姿があるそうです。

 

日本海海戦シミュレーター、VRもあるよ

DSC05367

DSC05376

ゲーム感覚で日露戦争日本海海戦の様子が体験できるこのコーナー。

やっぱり子供達に人気でちょっと待ってからVRを体験してみました。

 

VRって初めて。子供用なのでスリルはありませんが、海戦というものをちょっぴり体験できた気がします。空いていたらぜひ試して見てください。

 

戦艦の模型がずらり

DSC05365

すごい種類ですよね。マニアにはたまらないんじゃないか。

 

船室

DSC05382

家具はチーク材と呼ばれる最高級の木材を使っていて耐久性が高い。

そのため置いてある家具は当時のままだそうです。

 

DSC05384

DSC05385

DSC05387

DSC05388

こちらは東郷平八郎司令長官の寝室です。

 

DSC05390

DSC05391

このテーブル上で作戦会議が開かれたとのこと。後ろの砲台がチラチラ見えて怖い。

 

最後に

今回ご紹介したのは主な展示のみで、サーっと見れば1時間くらいで終わります。

ただ、史実をお勉強しながら見学すると2時間くらいかかっちゃいますね。資料がものすごい多い。

 

気になったら司馬遼太郎坂の上の雲』が日露戦争を取り扱っています。

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

 

全8巻とは。昔大河でもやってましたね。

 

話を戻して。

猿島割引ありで500円ならものすごくお得ですし、

小・中学生は無料なので家族連れで行くのも手ですね。

地味に面白い記念艦三笠でした!

 

同日行った猿島の写真はこちら。 

maru-shikaku.hatenablog.com