まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

横浜・みなとみらいを超広角レンズで撮ってみた(Samyang 14mm F2.8の作例)

スポンサーリンク

こんにちは、maru-shikakuです。

 

先日購入した格安超広角レンズ Samyang 14mm F2.8。

IMG_0924

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

4万円未満という価格でどれだけの写りなのか?

 

ということで、曇り空の横浜・みなとみらいを撮ってみました! 

 

みなとみらいは中望遠レンズで撮ったことがあったのですが、

DSC01520

広角域で撮るのは初。

 

一体どんな描写になるのか、作例をご紹介します。

 

大さん橋に滞在中の豪華客船

DSC05429

分厚い雲が豪華客船を覆っています。現像ソフトでコントラストとか白・黒レベルとかをいじると、海外の写真みたいに立体的な雲になるんですね。

 

Lightroomで歪み補正を行えば柵の直線はまっすぐになります。歪みが大きいのでなかなか超広角は難しいですが、ハマれば迫力が出ます。

 

赤レンガ倉庫

DSC05442

赤レンガ倉庫、遠くにランドマークタワー

雲の隙間にひかる夕焼けがきれい。

ちょっとでもレンズを上に向けると、強烈なパースの変形が起こります。

超広角独特の描写ですね。過度でなければ受け入れられるかな。

 

DSC05449

景色というよりは雲の表情に惹かれた一日。

空を見上げて見渡すのは久しぶりです。これが超広角の目というものですか?

 

空を撮るのが楽しくなるね。

 

汽車道から眺める景色

DSC05462

空を多く入れようと思ってレンズを煽るとご覧の通り、建物が倒れたような感じになってしまいます。

うーん、さっきの遊園地では目立たなかったけど、ビル群でははっきりわかるなあ。

 

 

DSC05474

まっすぐな建物はできるだけレンズを上に向けない方がいいかも。

この写真はよく撮れた!

 

今回の撮影は全てF2.8で撮ってます。

夜になってもiso感度1000〜2000くらいまで上げちゃえば手持ち撮影で全然大丈夫そうですね。

α7Ⅱはそれくらいならノイズがわかりません。

 

DSC05487

前言撤回だ。画面のサイドからにょきっと出てるランドマークタワーは歪んでるけど、いいかも。

 

DSC04885補正前

鎌倉の竹林のように横から入ってくる感じがいいですね。

 

なかなか構図が慣れない。

 

DSC05493

広角になると、水面の反射も余裕で画面内に収まるので狙っていきたいですね。

 

みなとみらい駅の吹き抜け

みなとみらい駅は以前CP+で立ち寄って、おっ、ここって超広角で撮ったらどうなるだろう?とずっとワクワクしていたところです。

 

なんたって超巨大な吹き抜け施設だから。

上に登って、

DSC05494

モノクロで仕上げて…どうですか。結構写真映えしませんか?

 

DSC05496

エレベーターのガラスが美しい…ここまで特徴的な建物ってあんまり無いですよね。下を見ると・・・めっちゃ怖い。

 

DSC05498

DSC05499

壁一面になにかの文言があって、それもシャレオツです。

実はシマシマの床の奥に見えるのがみなとみらい線のホームなんです。

そこまで吹き抜けにするか普通。すごい建物だ。

 

 

以上、Samyang 14mm F2.8を使ってみなとみらいを撮ってみた、でしたー。

やはり、だだっ広いみなとみらいに超広角がぴったりでした!

個人的にはずっと撮りたかったみなとみらい駅をうまく撮れたのでそこが満足。

いろんな視点でまた撮ってみたいスポットですね。

それでは。