まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

無印のガパオライスはかなり辛いけど香り高く食が進む!

スポンサーリンク

DSCF6649

こんにちは、maru-shikakuです。

 

昨年からずーっと料理の記事も書きたいと思ってたけど、料理中の撮影は難しくて断念してました。

料理自体をごく簡単なものにすればいいんじゃないかと思ってたどり着いたのが、

 

無印良品の手作りキットシリーズ!

 

レトルトじゃなくて、具材は準備するタイプの商品ですが、今回紹介するガパオライスは超簡単な部類じゃないかな。

 

ひき肉炒めて、ソースかけるだけでできますから!

 

中身は? 

DSCF6639

袋の中はこんな感じです。

税込290円。2人分とのことです。

タイからの輸入もので非常に本格的との評判なので楽しみ!

 

真ん中はガパオペースト。

文字通りガパオ(ホーリーバジル)が入ってます。

 

この記事を書くにあたって初めてガパオの意味を知りました^^;

 

バジルにナンプラーオイスターソースで味付けしたひき肉炒めをご飯にのせたのが、ガパオライスなんですねー!

 

ガパオペーストには唐辛子も入ってます。これが容赦無く入ってますので、後でも書きますが、超辛い!!

 

ナンプラーオイスターソースの方は、左の袋、ガパオソースに入ってます。たったこの2つの袋で超本格的な味付けになるんです。ねるねるねるねレベルの簡単さ!

 

調理風景です!

DSCF6641

まず油を引いて。

我が家ではティファールを使ってます。29cm、IH非対応。

今までいくつかフライパンを試しましたが、こいつは半年以上経っても焦げがすぐ取れて便利ですね!さすがに1年ほどしたらコーティングが弱くなってしまいましたが。

 

29cmと大きなフライパンは何かと便利!重いのが欠点ですね。

 

DSCF6642

鶏モモひき肉をどーん!! と入れて炒めます。豚ひき肉でもいいみたいです。

 

DSCF6643

炒めてる間に、ガパオライスに載せる目玉焼き作り。

最近、目玉焼きを作るのにフライパンからココット(スキレット)に切り替えました。

 

12cmというのが目玉焼き作りにはちょうどいい。

 

鉄製なので手入れが必要ですが、オーブントースターで焼けるのが非常に便利ですね! 

パンと同時にオーブンに入れれば朝の目玉焼きトースターが同時に焼きあがります!

 

ココットだと炒め物と同時並行でできるので楽ですね。

 

DSCF6644

ひき肉が焼けたら、

 

DSCF6645

ガパオペーストをどーん!!ガパオが見えますね。

 

一つ注意点が。

そこそこ臭いです!ガパオ独特の香り!換気扇MAXで!

 

DSCF6647

でも、肉と混じることでおいしそうな香りに変わってきました!

 

DSCF6648

最後にガパオソースを入れて混ぜて出来上がり!

 

調理時間にして10分くらいですかね。誰でもできます!

 

実食!やっぱ辛い!!

DSCF6649

もう腹が減ってしょうがなく、ささっと作ったので、副菜その他は全部抜きでガパオライスのみを頂きました^^;

 

具は1.5人前を盛り付け!私はそこそこ食べる方なのでそれくらい必要でした。

女性の方や食は普通の方は表記通り2人前を半分にすればいいかと思います。

 

DSCF6653

お昼時だったから、自然光で綺麗な写り

早速実食!まずは具からいきますと、やっぱ辛い!!

辛いのは好きな私ですが、辛いものは辛い。唐辛子が結構効いてますね。

 

パッケージには辛さを抑える注意書きがありました。

 

  • 辛さを抑えたい場合は、砂糖を適量加えてください。
  • ペーストを炒める時間を長くすると、辛くなります。

 

砂糖を入れてさっと作れば辛さが和らぐみたいですね。

 

他にも、パプリカや玉ねぎを刻んで入れるとか、野菜を入れるとマイルドになって、栄養も取れて、とってもいいと思います!

最初そうしようと思ったんだけどとにかく腹が減ってて急いでしまった。反省。

 

無印のガパオライスは初めて食べて、辛さに最初驚いてしまったのですが、食べ進めていくうちに、ガパオ(ホーリーバジル)の香り高く、本格的な味!という感じでとても美味しかったですね!

 

DSCF6654

目玉焼きの黄身を破ればトロッと流れてマイルドになります。

今回ちょっと焼きすぎたかな・・・ちょろっとしか流れてくれなかった^^;

 

まとめ

  • 無印のガパオライスは結構辛いけど、香り高く、食が進む!!

辛いのはやはり砂糖とか野菜を入れたりして調整すれば美味しく作れると思いますので、お試しあれ!

 

【撮影機材】

カメラボディ:富士フイルム『X-A1』 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

レンズ:XF35mmF2 R WR 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

中古で合わせて4.1万円で買った超コスパAPS-Cミラーレス一眼+単焦点レンズです。換算53mmの焦点距離で写る範囲は料理撮影にちょうどいいですね。

 

そしてチルト液晶がとても便利!

カメラが頭より高い位置でも、上からの撮影がモニターを確認しながら手持ちで撮れちゃいます。

 

今後は料理記事も気が向いた時に書いていこうと思いますので、お楽しみに!