まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

東京・六本木の撮影スポット『国立新美術館』【乃木坂46、君の名は。のロケ地】

スポンサーリンク

DSCF6769

こんにちは、maru-shikakuです。

 

写真を趣味にしている方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

国立新美術館という撮影スポットを。

 

絵画趣味の私は以前からすごい構造の建物だなーと思ってはいましたが、カメラを趣味にしてからは今回初めての訪問。

 

ガラス張りの建物ということで、これは色彩豊かな富士フイルムのカメラがいいと思い、サブのX-A1+XF35mm F2R WRを引っさげ美術展鑑賞の帰りに撮影してきました!

 

3Fからの撮影がおすすめ

ほとんどの写真好きが向かうのが、3F。

DSCF6734

人々を俯瞰する絵を撮れます。距離があるのでF5.6に絞って撮ってます。

 

ちょっと左下がもにょってますが、転落防止のガラス越しで撮ったせいです。ガラスから手を出せばいいのですが、カメラを落としたら危険ということで禁止されています。

 

ガラス越しの撮影なので注意

ほんとは撮影前に変な映り込みはカットしないといけなかったですね。

 

DSCF6765

うまくいけばこういう写真を撮れるのですが。

 

普通はガラスに対して垂直にレンズを向け、できるだけガラスに近づけるのが写り込み防止の鉄則です。

 

↓応用した例 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

今回は、ガラスに対して平行に近い方向にレンズを向けるので、反射をカットできない時があった^^;

 

どうしても反射してしまう時の対策としては、

忍者レフの黒面をガラス側に向けるとか、 

忍者レフ ミニ

忍者レフ ミニ

 

 

ラバーフードをつけて、ガラス面に密着させ角度をつけるとか、ですかね。

ETSUMI ラバーフードII 43mm用 ブラック E-6571

ETSUMI ラバーフードII 43mm用 ブラック E-6571

 

 

本腰入れて撮影する場合は、上のアイテムを検討してもいいでしょう。

 

モノクロも面白い

DSCF6726

なんだかごちゃごちゃかっこいいので、モノクロにするのも手ですね。

 

乃木坂46のジャケ写に国立新美術館

DSCF6729

こちらは、端っこの階段を俯瞰的に撮りました。この場所って、

 

乃木坂46のジャケ写に使われてたんだー。

それぞれの椅子(TYPE-B)(DVD付)

それぞれの椅子(TYPE-B)(DVD付)

 

このアルバム、いくつか種類があって、どれも国立新美術館で撮られています。

 

それぞれの椅子(TYPE-A)(DVD付)

それぞれの椅子(TYPE-A)(DVD付)

 

このエスカレーターは2Fから3Fに登るやつか。

 

DSCF6751

撮った写真の中にありました。背景とエスカレーターのガラスが重なり合って、色が変わっているところが好きです!今回のお気に入りショット。 

 

2Fと3Fのカフェスペースがこれまたシャレオツ

2Fのカフェは『君の名は』に出てた

DSCF6756

3Fから2Fのカフェを撮影。このカフェ、『君の名は』に出てたらしいですよ。

 

君の名は。

君の名は。

 

はい、らしいですよと言っている私は見ておりません。なんか設定がね、ピンとこないんですね。見たら多分傑作だとは思うのですが。 

 

DSCF6748

展示会のイメージにあった料理が出てきます。B1Fはランチ、1, 2Fは軽食、3Fはディナーと、役目が分かれてますね。

 

エレベーターの表示と合わせて一本。

DSCF6758

トリミング使用

先日の美術展記事のTOPに持ってきました。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

文庫本の表紙みたいで、この写真も結構好きなんだけどな。

 

エレベーターのガラス面の写り込みは面白いです。

ガラス越しに2Fのカフェを撮ると、こんな感じ。

DSCF6761-2

トリミング使用

 

3Fのカフェは超高級

DSCF6736

こちらは3Fのカフェにて。ディナーメインだから午後3時頃のお客さんは1組だけ。でも逆にこの景色を独り占めできるからいいんじゃないかな。いちおうランチもあるし。

5,000円で。

ディナーは7,000円。

 

DSCF6752

ここで働くって、いいな。飽きちゃうか。

 

最後に

DSCF6769

というわけで、国立新美術館は撮影スポットとして最高です!

カメラ持ってウロウロしてる方がいますので、撮りまくっても浮かないのでご安心を。

 

にしても、もっと広角や望遠で撮りたい場面があったな。また挑戦しよう!

 

 

こちらは美術館撮影の関連で、上野の国立西洋美術館の撮影記事。

こっちは常設展なら作品も撮影できます。

maru-shikaku.hatenablog.com