まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

ダイソンV8 Fluffy+を1年使ってレビュー。使うコツもご紹介!

スポンサーリンク

DSC01352

こんにちは、maru-shikakuです。

 

先日投稿した記事はグーグル砲のおかげでとても反響がありました!

みなさまありがとうございました。

maru-shikaku.hatenablog.com

 

上の記事はさらっとしたことしか書いてなかったので、個別にレビューしたいと思います。まずはダイソン。

 

2017年の1月に買い、11ヶ月が経過しました。

ちょっと足りないけどまあ1年とみて、購入経緯や使用感を書いていきます。

ダイソンを持ってない人・すでに持ってる人、いずれの方にもお役立ちできる内容で、まとまってないのですが、お届けしたいと思います。

 

 

なぜダイソンV8 Fluffy+を買ったのか?

DSC01354

ダイソンは以前から欲しいなーと思ってたんですが、家電屋に行って現物を動かしてみると、「ギィーーーン!」とうるさい。

それが今年の5月に発売されたV8シリーズでは格段に動作音が静かになってました。

以前のシリーズの通常モードがV8の強モードと同じくらい。通常はもっと静か。

 

先日の記事でも書きましたが、それが購入動機です。

※旧モデルや安価モデルを買おうとしているアナタ、一度現物をチェックしてみてください。

 

V8シリーズといっても価格が安い順から簡単にまとめると、

  • V8 Fluffy    ソフトローラーヘッドの標準タイプ
  • V8 Fluffy+    fluffyにフトンツール、延長ホース追加
  • V8 Animalpro    fluffy+のソフトローラーヘッドが長足カーペット用に 
  • V8 Absolute   animalproにソフトローラーヘッド追加(ヘッド2個)
  • V8 Absolute+  absoluteにフレキシブル隙間ノズル追加

計5種類もあります。本体は一緒でツールが多いか少ないかの違いですね。

 

↓終了しました。

現在キャッシュバックキャンペーン実施中!

キャンペーン概要
対象購入期間中、対象製品をご購入いただいた方で、専用応募用紙に必要事項をご記入の上、
対象製品のレシート等購入証明(コピー可)と梱包箱にあるJANコード記載のあるバーコードを貼り付けてご応募いただくと、
お買い上げ金額に関わらず、対象製品に応じた金額を返金します。

対象購入期間
2017年11月29日(水)-12月31日(日)

応募締切日
2018年1月15日(当日消印有効)

対象商品
■10,000円キャッシュバック対象製品
Dyson V8 Absolute+(SV10 EX, SV10 ABL EXT2,SV10 ABL EXT3)
Dyson V8 Absolute Extra(SV10 ABL EXT, SV10 EX2,SV10 EXT2)
Dyson V8 Absolute(SV10 ABL, SV10 ABL2)

■ 5,000円キャッシュバック対象製品
Dyson V8 Animalpro(SV10 AN COM, SV10 AN COM2)
Dyson V8 Fluffy+(SV10 FF COM, SV10 FF COM2)
Dyson V8 Fluffy(SV10 FF, SV10 FF2)

■ 3,000円キャッシュバック対象製品
Dyson V7 Absolute(SV11 ABL PRO)
Dyson V7 Fluffy(SV11 FF)
Dyson V7 Animalpro(SV11 AN)

出典:Dysonコードレス掃除機 最大10,000円キャッシュバック キャンペーン|ダイソン

 

 

私の場合、家はアパートでそんな広くないし、カーペットは薄手しかない。

けど、

  • 布団は日干しで叩くより掃除機の方がダニを吸いこむみたい
  • 隙間を掃除するのにホースがあった方がやりやすそう

ということで、fluffy+を買いました。購入価格は約7万円。

以前のコードレスが3.5万円したのに全く役立たずだったので、期待しました。

 

【追記】V10が販売され、価格がかなりこなれてきました。

amazonでは4万円代半ばという価格まで下落しています。

V10がV8のマイナーチェンジとのレビューを見るので、今でもV8は買いです。

 

ソフトローラーヘッドがすごい!

実はダイソン、吸引力自体は他のサイクロン掃除機と大差ないんです。

 

何がすごいって、掃除機の先端「ソフトローラーヘッド」のゴミ絡め取り力!

DSC01352

この柔らかい部分が電動回転し、ゴミを巻き込みながら絡め取っていく。

 

床に対して面で当たるのでよくゴミをかき取るのです。

他社品は回転ブラシがあるけど、ブラシは点で当たる

 

そこがよく吸ってくれるという理由なんです。

このヘッド単品で1万超!

価値がわかって頂けたでしょうか。

 

 

ダイソンスタンドに最適! キクタニ コードレスクリーナースタンド

DSC01363

キクタニ コードレスクリーナースタンド GS-250V ブラック

キクタニ コードレスクリーナースタンド GS-250V ブラック

 

ダイソン購入後のお悩みの一つが収納場所。

 

壁に穴を開けてアタッチメントを取り付け、そこへ本体を差し込むという方法が提案されています。まさに欧米式。

持ち家がある方はいいでしょうが、マンション、アパート住まいでは穴を開けられません。そこで、

  • そのまま直置き
  • 床から天井まで届く板を立て、そこへアタッチメントを取り付け
  • 1万円前後の高価なダイソン用スタンドに収納

 

といった方法がありましたが、それよりもっと簡単で安いのが、

キクタニのギタースタンド。

メーカーも思わぬ用途で売れたので、ダイソン専用スタンドを作って売ってます!

 

2,000円ちょっとで文句なし。オススメです。

 

【追記】本体+付属ヘッドの収納が可能な山崎実業のダイソンスタンドが好評です。値段はちょっと高めですが、付属品の収納スペースがない方はこっちを買った方がいいかも。

 

 

年末の大掃除。ベランダの掃除をやってみた

ハードブラシ・隙間ノズル+延長ホースが便利

ソフトローラーヘッドがすごいといっても、他のツールも普通に役立つんです。

f:id:maru-shikaku:20171223234338j:plainf:id:maru-shikaku:20171223234422j:plain

排水口にゴミがたまるんですよ。まずはハードブラシでゴシゴシっと。

f:id:maru-shikaku:20171223234456j:plainf:id:maru-shikaku:20171223234525j:plain

縁の細かいゴミは隙間ノズルで。ちょっとわかりづらいけどゴミは吸い取りました。水拭きすれば泥汚れも無くなります。

  

f:id:maru-shikaku:20171223234627j:plain

夏にミニトマトをベランダ菜園してて、プランターの土や枯れ葉が落ちてました。秋に一回掃除したんだけどな。

f:id:maru-shikaku:20171223234701j:plainf:id:maru-shikaku:20171223234741j:plain

これもまずはハードブラシ。さすがに細くてブラシに絡み合う枝は吸い込みきれないので手で取って捨てます。

f:id:maru-shikaku:20171223234557j:plain

あとは隙間ノズル。こういうときに延長ホースがあると隙間にピタッとフィットさせやすい。

 

延長ホースはあった方が絶対イイ!(Fluffy無印はなし)

 

 

f:id:maru-shikaku:20171223234821j:plain

これも水拭きすれば完全にキレイになります。どーせ汚れるからいいか笑

 

 

私のゴミ捨て方法

f:id:maru-shikaku:20171223234902j:plainf:id:maru-shikaku:20171223234933j:plain

もうめちゃくちゃゴミがたまってました。

 

普通はこのあとゴミ箱に向けてフタをぱかっと開けるんだけど、そのときゴミが舞っちゃう。そこで私の場合、

f:id:maru-shikaku:20171223235026j:plainf:id:maru-shikaku:20171223235110j:plain

コンビニのちっちゃい袋。あれがちょうどいいんです!

 

  1. ゴミが漏れないように袋の口を本体に密着させる
  2. レバーを引いてゴミを落とす
  3. 先にゴミ袋の口を指で締めてから、ゆっくりと袋の空気を抜く
  4. 口を結んでゴミ箱へ

 

この方法ならゴミが舞わない!ぜひお試しあれ。

 

 

最後に

いかがでしたか?

ダイソンV8 Fluffy+、高いけど掃除が楽で楽しくなる。ラクラクです。

買っておけば大活躍間違いなしですよ。

 

さっきも書きましたが価格がかなりこなれてきました。V10に比べてコスパが上なので今でも十分買いです。