まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

横浜山手西洋館の撮影におすすめな洋館ベスト3とその他まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、maru-shikakuです。

 

横浜中華街近くの山手西洋館は、7つとも入館無料で観光スポットとしてもいいですが、撮影スポットとしても素晴らしいところです!

 

特に窓枠や扉の形、アンティークな小物がフォトジェニック!

 

フラッシュや三脚を使わなければバシバシ撮ってOK。スマホからごっつい一眼レフまでいろんな人が写真を撮ってます。

※結婚記念撮影、撮影会、商用目的の撮影には許可が必要だそうです。詳しくはこちらで→http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/toshinbu/jouken.html

 

どこを撮っても、また、適当に撮ってしまっても絵になってしまう不思議な魔力を秘めた西洋館を制覇した私が、撮影におすすめの洋館を3つ選びました!

 

とは言っても優越つけがたいところです。もちろんその他4館も選んだ写真を貼っていきます。撮りたいシーンの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

ここは観た方がいい西洋館ベスト3

ベスト1:ベーリック・ホール

DSC04656

やはりベーリック・ホールになっちゃいます。

西洋館の中でも希少なスパニッシュスタイルの独特の風貌が異国感溢れまくって、強烈なインパクト。間違いなくテンション上がります。

おまけに西洋館一の広さなのでとても見応えがあり満足間違いなし。

 

DSC04660

入り口からしてザ・館!って感じのデザインがおしゃれ。外観もだけど、内観もちょっと日本人の発想にはないなあ。

 

DSC04710

パームルームという謎の部屋。左右対称の扉がたまらんです。写真はもっと気をつけて全体を写すべきだったですね^^;

 

DSC04680

見所はこちら、イスラム様式のクワットレフォイル(四つ葉)の小窓

ポートレート撮影の背景としてよく使われるので知ってる方は多いかも。

 

そして、こいつが外せない。

DSC04696

タイプライター!!

 

非常にかっちょいいですね!ぜひ写真に収めてみてください!周りの雰囲気も含めて最高のタイプライターです。あたりに人がいないのを確かめて何枚も撮ってしまいました。

 

現在当ブログのトップ画像になっております。 それくらいこのタイプライターは気に入りました。一見の価値あり!

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

 

ベスト2:ブラフ18番館

DSC02030

グリーンの差し色がとにかくオシャレに決まるブラフ18番館が第2位です! 

私にとっては初めて訪れた山手西洋館。そのためどうしても贔屓目に見てしまうのですが、どう考えてもやはり2位なんですよね。 

 

さて、差し色がどれくらい決まるのかというと、

 

DSC02004

このようにタダのテーブルを撮っても背景がいいんで様になるんです!

 

それだけじゃなく、アンティーク小物が萌えるどころじゃない、燃えるポイント!

 

DSC02016

写す時に窓枠を入れたのがポイントです。

 

DSC02018

模型船については、もっと下から突き上げるように近寄って撮影したかったな。触れなければ大丈夫なんで、バシバシ接写しましょう!

 

そして中だけじゃない。外からの眺めがいい。

DSC01988

ど真ん中に小さく見える横浜マリンタワーに、別の方角では、

 

DSC02031

ランドマークタワーが見えちゃいます。

西洋式の左右対称の庭もありますし、内外飽きないスポットとなってます。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

  

ベスト3:山手234番館

DSC04580

ベーリック・ホールにほど近い山手234番館。西洋館の中ではちょい地味な場所ですが、第3位としました。その理由が、

 

DSC04591

この蓄音機なんですねー!ラッパ部分がでかすぎて画面からはみ出してしまった^^;

こいつはまだまだ現役選手で、定期的に蓄音機コンサートをやってるらしいっすよ・・・

って、アンティーク小物が好きなの、バレましたね。

少々偏ったランキングです。

 

ですが、山手234番館はこんな感じで

DSC04584

DSC04595

いい写真が撮れますし、

 

お隣は有名なカフェ、えの木てい 本店があります。

DSC04605

仲間で山手に来たなら、ここで休憩するのがいいでしょう。

 

そうそう、道路挟んで向かいの電話ボックスもぜひ撮って欲しいですね。

DSC04564

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

その他の西洋館

外交官の家

DSC06472

ブラフ18番館のすぐ隣にある西洋館です。西洋館では珍しく日本人が住んでいただけあって、和洋折衷な造りになっています。

 

DSC06418

DSC06464

 

カフェも併設されているので、西洋式庭園を眺めながらの休憩がオススメ!

いや、ほんと山手というエリアは横浜の象徴ともいうべきか坂がきつい地域で、登るのが必須なので、行くだけで疲れちゃうんですよ。休憩は必要。

 

(私は根性でノンストップ巡りしましたが。実はみなとみらい線本町・中華街駅6番出口からエレベーターとエスカレーターで楽に行ける事実を後で知りました^^;)

 

そのぶん外の景色はいいのです。運動になりますし、歩きましょう!

 

maru-shikaku.hatenablog.com

  

エリスマン邸

DSC04608

ベーリック・ホールのすぐそばにあるエリスマン邸は話題のしょうゆきゃふぇが入ってて、超人気なのは上の写真の行列を見ればわかりますし、中にも列ができてます。

 

名物は生プリン。メディアに紹介されて人気が上がっています。

 

インスタの影響も大きいですね。もし生プリンを食べたいなら、ここでそれなりに待つ覚悟が必要です。

 

なお、洋館内に入るだけならすぐです。洋館の入り口とカフェの入り口が同じだと知らず、どこから入るのだろう?と周囲をぐるっと探して挙動不審になったのは私だけでしょうか。

 

DSC04613

入り口すぐにかわいい電話が置いてあります。シャッターチャンス。

 

DSC04614

食堂の飾り付けは西洋館の中でもかなり凝ってます!

ここだけに限らず、山手西洋館は季節で食卓の飾り付けを変えるので、何回行っても楽しめるのが嬉しい。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

横浜市イギリス館

DSC02174

ブラフ18番館・外交官の家とは反対方面に港の見える丘公園という公園があります。園内にあるのが、横浜市イギリス館と次にご紹介する山手111番館。

 

DSC02171

ここはサンルームが非常に印象的でしたね。

 

DSC02146

西洋館でカーテンが閉められてるのはここぐらいかな。和らいだ光を利用して色々写真を撮りたくなる場所です。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

山手111番館

DSC06499

ご覧の通り、バラの季節は非常に賑わっている山手111番館。ここが私にとっては最後の西洋館でした。

外交官の家から猛ダッシュで15分かかります笑。

 

ま、上は山手西洋館の端から端まで移動した例ですが、それにしても洋館同士、微妙に離れてるから駅からの坂も含めてよく歩きますね。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

館内はちょい庶民的な造りの2階建て。

DSC06493

DSC06490

食堂にあるランプがかわいい。ぜひいろんな角度から撮ってやってください。

 

DSC06495

DSC06496

窓はやっぱり、いい写真が撮れます。迷ったら窓に扉、アンティーク小物ですよ。

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

 

次はおすすめルート記事を書こうと思います。