まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

六本木ヒルズの屋上で夜景鑑賞は高いけど景色最高!

スポンサーリンク

DSC08118-Pano

こんにちは、maru-shikakuです。

 

六本木のデートスポットでもあり、撮影スポットでもある六本木ヒルズの屋上はかなーり景色が最高でした!

 

ちょい料金が高いけど、スカイツリーと違って屋外に出るのがポイントですよね。カメラで撮りやすいし。

 
それに森美術館の特別展とのセット料金なので、暗くなるまではそっちを鑑賞して待てばいい。
 
久々の夜景で結構撮ったなーということで、結果をどうぞ! 
 

概要 

料金と少しだけ安くする購入方法

東京シティビューという屋内の展望台と特別展鑑賞券は、
一般1,800円
学生(高校・大学生)1,200円
子供(4歳~中学生)600円
シニア(65歳以上)1,500円
となってます。
屋外のスカイデッキに行くには追加料金が必要です。
一般500円
学生(高校・大学生)500円
子供(4歳~中学生)300円
シニア(65歳以上)500円

つまり大人は計2,300円かかります。高いね。 

 

少しでも安くするには、チケットぴあで特別展のチケットを事前購入する方法がありますね。一般料金のみですが300円引きで買えます。

チケットぴあ

 

開館時間 

六本木ヒルズ展望台東京シティビュー 10:00~23:00(最終入館 22:30)

金・土・休前日 25:00まで(最終入館 24:00)

スカイデッキオープン 11:00~20:00(最終入場 19:30)

 

アクセス

東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)

都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分

都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩8分

東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口 徒歩10分

ここまでの出典:https://art-view.roppongihills.com

 

 

あいにくの曇り空でも景色は綺麗

DSC08037

この日はちょっと空が曇ってましたね。でも夜景ならそこまで気にならないはず。早速行ってみます。

 

屋上のスカイデッキに行くにはバッグ持参はダメとのこと。

三脚も禁止!

しょうがないとコインロッカーに荷物を預け、カメラを首に、予備レンズをポケットにねじ込み出陣しました!

 

【使用機材】α7Ⅱ、Samyang 14mm F2.8、Pentax FA77mm F1.8 limited

頻繁に取り替えて撮影したので、以下画像の下にレンズの焦点距離を書いておきます。

 

DSC08044

14mm

おー曇ってるーけど、すごい見晴らしだ!

六本木ヒルズから真東の方角。東京タワーが目立ちますね。

上の写真に写ってるような段になってる展望場所は、このほかに反対側、西の方角にも1つあります。

 

DSC08057

77mm

もう一つの展望場所から。こっちは新宿方面で都庁も小さく写ってます。

森っぽいものが2つありますが、左は代々木公園、右は新宿御苑。

こうして俯瞰してみると、東京にこんなにでっかい森があることに改めて驚く。

 

さ、暗くなるまで待とう。

 

DSC08090

14mm

晴れの日の夕暮れもいいけど、曇り空のミルキーブルーが好きです。遠くの建物がおぼろげに霞む感じがいい。

 

ところでタワーの真後ろに見える丸い形状の物体、実は拡大すると観覧車です。

地図上で調べたら葛西臨海公園のダイヤと花の観覧車かと。そのすぐ奥はディズニーランドのはずだけど、さすがにわからない^^;

 

こんな感じであれはなんだろう?と調べてみると面白いですね。

 

DSC08053

14mm

点検用の階段だろうか。あそこを登るなんて・・・怖すぎ笑。

 

それにしても、体感温度は結構低いね。高さ238mだしね。

夏でも上着の用意をお忘れなく。

 

暗くなってきたぞ

DSC08105

14mm

展望場所へ皆集まりだす。

結構この写真も気に入ってます。超広角レンズでうまく撮れた例。

 

DSC08093

77mm

完全な日没前の、濃い青に染まるビル群がいいね。

 

DSC08109

77mm

人にピントを合わせれば玉ボケやー。こんだけ距離あったら普通のデジカメでもボケるかな。

 

パノラマ結合で写真を合成してみた

DSC08118-Pano

77mm, Lightroom パノラマ結合で合成

トップの画像でももってきたこの写真は、水平に何枚か撮ってそれを結合したものです。

広角レンズでも撮れなくはないですが、広角特有の歪みがあります。

こっちの方がビシッとした風景になります。

 

首都高渋谷線の長時間露光撮影を試してみた 

DSC08141

77mm, クロップモードで116mm相当。SS 20sec

西の展望場所から。まさに光の滝といった渋谷線が撮れました!向こうが渋谷駅の方角ですね。

 

三脚禁止というかそもそも持ってきてなかったけど、これ狙えるんじゃないかと柵の上でうまいことカメラを固定して、20秒間息を止めること数回、やっとブレてなーい写真が。

期待通りのレーザービーム写真は初めて撮れたので嬉しい!

 

六本木ヒルズから見える景色まとめ 

ここまで書いてきたスポットを地図上にピン留めしておきました。赤いピンが六本木ヒルズ。

 

他にも見える有名なスポットはいろいろあるはず。探してみてくださいね♪

 

まとめ

六本木ヒルズもスカイツリーに負けず劣らず最高の景色が眺められます!

 

国立新美術館、ミッドタウン、六本木ヒルズあたりで展示会&撮影デートとかいいかと。

 

六本木アート・トライアングルでは、国立新美術館、サントリー美術館、森美術館で開催中の展覧会チケットの半券で他の2館の観覧料が割引になるお得な相互割引「あとろ割」を実施中です。

↑相互割引あるしね。 六本木を楽しみましょう!

 

こちらは国立新美術館で撮影してきた記事です。

www.maru-shikaku.net